-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-11 15:51 | カテゴリ:めだか
この前雨が降ってから少し暖かくなった関西南部です。
今日の最高気温は18℃らしい。冬らしくないなぁ~。
12月でこの気温。温暖化の影響ですね~。

メダカも昨日・今日と水面に出てきて泳いでます。
えさも食べます。
昨日は暖かかったので、水を少し替えました。
1/4弱かな。少し水が減っていたので減らした水よりは大目に入れてますが。
白メダカの1匹が少しよろよろしていたので心配していたのだけれど、今日は普通に泳いでたなぁ。水を替えたのが良かったのかしら?

最近オークションで落札したメダカたちですが、多分皆揃ってます。
(数が多いのではっきりとはいえない)
でもやはりというか・・白点病らしき症状が先週から出始めました。
しきりに体をいろいろなものにこすり付ける動作をします。
体に白点は出てないけれど、体をしきりにこすり付けているようなら白点病の初期症状です。
水が変わると大抵出ます。
なので最初のころは注意深く見守る必要があります。
今まで出なかったのは、発送の際、薄く薬を入れてくださった方のメダカだけでした。
さて、今回もお約束のように白点病らしき症状を繰り出すメダカがいました。
体をこすり付ける、くるくるまわる、狂ったようにいきなり泳ぎだす・・などなど、水槽はすぐにわかるんですが、外の発泡スチロールに入れてたらわかりにくいですね。
ほっておいても、抵抗力のあるメダカなら大丈夫なのですが、調子を崩すとひどくなってしまうので何か対処はしてやらないと・・・。
と思い、いつも使用している唐辛子を使うことに。
でも水槽にはミナミがいる・・唐辛子に農薬でもついてたら大変。
ということで無農薬の唐辛子を譲ってもらいました。
白点には唐辛子(鷹の爪)がよく効きます。
水温30℃にすれば唐辛子もいらないんですが、ミナミもいるし、夏でもないしね・・・
唐辛子の使い方なんですが、水10Lに対し1本使い、さっとくぐらせるだけ・・の人と、1/2~1本を常に沈めておく人といます。皆使い方はまちまちですので、自分流でよいのではないかと思います。
ただ沈めておくやり方はあまりおすすめしません。すぐにカビが生えてきちゃうのでね。(カビを生やしたことのある人です)
私の場合、40L水の入った60cm水槽に、唐辛子2本を2~3等分にして、種を出し、お茶パックに入れて2~3日浮かせてます。水温22~23℃位です。これでも十分効果はあります。
水温が低いといくら唐辛子を入れても効果がないという人が多いのですが、私は水温が低くても多少効果はあると思います。体内で白点飼っているようなものだと思うんですが、水に慣れ、調子が良くなれば白点が出てくることはあまりないです。まぁ、調子を崩せばすぐに出てきますけどね^^; (水温があがったり下がったりする時期は注意)
外の発泡スチロール水槽は水温10℃より少しあるくらいだと思うのですが、こちらも唐辛子を入れました。2~3日様子を見てみます。(10℃はさすがに自信がないんですが・・15℃くらいは効き目は遅いけど直りました)

そしてまた懲りずにミナミを購入しました。
今度は近所のショップで10匹680円くらいだったかな。
小さな水槽にウイローモスを活着させようとしている熔岩石(まだ活着していない)とアナカリス10本、ウィローモスマットを入れてます。ここに無農薬の水草をもう少し入れて、繁殖にチャレンジしてみようかと・・・。しかしまだ活着していないウィローモスのあるところに入れちゃいけなかったかな?まぁ、強い苔なんで大丈夫かな。ミナミに食べられると思うと早く活着するのでは?なんて思ってます(笑)
昨日入れて、今日は一匹も死んでなかった。数は足りないけど・・・
時間をかけて水あわせをしたというのも良かったのかもしれないし、水が同じなのでそれもあるのかも。これからどうなるかわかりませんが・・・。

関連記事
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://sora200811.blog90.fc2.com/tb.php/15-9b673a63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。